MENU

輸送マネジメントに関する取組み

  • ホーム
  • 輸送マネジメントに関する取組み

細井自動車株式会社 細井観光バスは、輸送の安全を確保するために以下の通り取り組みます。

スローガン

安全は全てに優先する

私たちはバス事業者としての社会的責任を認識し「安全かつ快適」なサービスを提供します。「安全速度遵守」「安全車間の保持」「乗降時の安全確保」「確実な日常点検・点呼」「シートベルト案内の徹底」
【事前準備・事前確認】その一つ一つが安全へ!

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 代表取締役は輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、その確保に努めます。
  2. 輸送の安全を最優先し、お客様へ安全を提供することに努めます。
  3. 輸送の安全確保の為、関係法令の遵守と安全最優先の基本原則を徹底します。
  4. 輸送の安全に関する情報を公開し、お客様の信頼確保に努めます。

社内への周知方法

基本的な方針を全従業員に対して周知徹底させるため社内に提示する。
経営トップは年間教育計画並びに事故事例に基づき全従業員と安全に関する意見交換会を開き安全意識の向上に努める。

安全基本指針

  • 日常点検の確実な実施
  • 出勤時・乗務開始前・乗務終了時のアルコールチェックの実施(宿泊を伴う場合は、モバイル式アルコール検知器でのアルコールチェックを実施)
  • 点呼の確実な実施
  • 社内規定速度 高速道路 100キロ未満 / 一般道 法定規制速度以内での走行
  • 運転開始2時間以上の運転は行わない
    2時間以内に10分以上の休憩(渋滞等でやむを得ない場合は3時間以内に休憩)
  • 乗客に対して出発前のシートベルトの装着案内の徹底
  • 輸送の安全に関わる法令及び規則を理解し厳守する
  • 運転時には憶測に頼らず確認の励行に努める
  • 確認の励行と連絡の徹底は安全の確保に最も大切である
  • 確認など基本動作の確実な実施

輸送の安全に係る教育及び研修

1.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • 経営トップによる安全総点検
  • 最新車両への代替え
  • 働き方改革の推進

2.輸送の安全に関する監査結果(今後に向けた改善・取り組み)

  • 新たに外部の安全運転教育の実施
  • 労務管理体制の充実
  • 運転者の雇用の促進

3.輸送の安全に係る教育及び研修

  • 消防署の指導の下、救命講習
    image
  • 緊急時の脱出訓練
    image
  • 発煙筒の取り扱い
    image
  • 健康管理体制の充実。年二回を計画し(2月と9月)そのうち一部の乗務員は生活習慣病検診を実施。その他、脳MRIとSASを各3年ごとに100%受診

令和2年度 安全目標

見直すことで 安心・安全 な運転に努めよう!

  1. 引き続き『重大事故0』をめざします。
  2. 接触事故、目標2件。0をめざします。
  3. 車両故障によるクレーム、0をめざします。
  4. SASを30%受診。
年度 統計期間 重大事故 交通事故 合計 内訳
目標 実績 目標 実績 人身 物損 有責
H30年度 H30.4.1~H31.3.31 0 0 2 6 6 0 6 0
令和元年度 H31.4.1~R2.3.31 0 0 2 5 5 0 5 0

過去の交通事故の内訳(物損)とは車庫内等で軽微な接触も含む

令和元年度 安全目標

  1. 引き続き『重大事故0』をめざします。
  2. 接触事故、平成30年度の25%に。
  3. 車両故障によるクレーム、0をめざします。
  4. SASを100%受診。

令和元年度の安全目標に対する達成状況

  1. 重大事故発生:0件を達成
  2. 接触事故、H30年度の6件に対し令和元年度は5件(1件減)
  3. 車両故障によるクレーム:0件達成
  4. 6名受診の40%

今後について

1.3については引き続き0件を継続できる様、安全を最優先していきます。2については車庫内での軽微な接触が2件発生し、令和2年度は車 庫内接触事故を無くす様努めます。4については、SASを3年間、脳MRIを3年間実施し、順次貸切委運転者の健康面の把握に努めます。

安全管理規定

安全管理規程 (PDF)

事件・事故災害発生時における緊急連絡体制

事件・事故等安全緊急体制・連絡体制図 (PDF)

輸送の安全に関する組織体系と指揮命令系統

輸送の安全に関する組織体系と指揮命令系統 (PDF)

ご相談・見積りはこちらまで

0480-34-2545